生産管理システム

生産管理とは

生産管理とは、会社を計画的に経営することにとても重要な活動のことで、その目的は製造販売に無駄をなくし売上率を上げることが出来るように管理することです。

 

生産管理では、市場調査から顧客ニーズにそった製品の発案から製品の設計をし販売予想を立てます。そこから必要な資金計画、販売計画、生産計画をそれぞれ立てて販売するまでを管理します。
販売計画で顧客のコスト、製品の品質、納期までのいかに早く生産できるかを管理します。顧客のニーズに添った品質、価格であるのかを管理します。会社の利益を上げながら顧客に売れる製品を作るのに必要な活動です。
そして販売計画を立てたら、次に最も需要な生産計画に移ります。いつまでに、誰がどうやって、どのくらいの数量を作るのかを決めます。これにより効率の良い生産計画を立て、不必要な在庫を抱えないようにすることができます。

 

生産の仕方によって何の計画を重要視してくるかが変わってくるので注意が必要です。
ライン生産方式では、常に決まった製品を定量を作るので安定した品質の製品を生産することためにすることが重要になってきます。
ロット生産方式は、ニーズに合わせていくつもの製品を生産しなければならず、迅速に対応できるよう計画を立てることが必要です。
個別生産方式での生産は顧客の要望に合わせて製品を作ることになり、販売計画をしっかりと立てることが必要になってきます。

 

このように会社ごとに重要なことが変わってくるので、計画はこうあるべきという正解はありません。製造する製品や規模によって計画は変わります。会社に合った管理計画をすることができるかどうかが会社経営のカギになってきます。
しっかりとした計画をたてることで、生産に要するものを無駄なく用意をすることが出来るようになり、そして必要数を生産することで在庫を抱えることをなくしたり、逆に生産数が足りないということがなくなりますが、計画が一か所間違えてしまうだけで会社にとって大変な不利益に直接関わってきてしまいます。

 

生産管理の中の計画がどれだけきちんとされるかどうかで会社の利益率、取引先や顧客への納期を守れるか需要のタイミングに合うかどうか今後の信頼につながってくるのです。安定した会社というのは、明白な生産管理がされていて無駄を省き同業者よりも先に製品を生産することで売上をあげているのです。
今、在庫を抱えていたり人員や機械が足りず生産がうまくいかないといったことがある場合が生産管理の計画を見直すことで改善されるかもしれません。