生産管理システム

生産管理の目的

一口で生産管理を説明することは難しいことです。IT・通信関連の企業にはそれぞれの部門があります。部門ごとに目的があり、それらが、一つの製品を完成させ消費者が買うことになります。製品ができても、売ることができない製品もでてきます。生産管理の重要性がそこにあります。部門ごとの技術者の企画計画の段階から目的を明確にし取り組まなければ優れた製品、画期的な製品はできません。消費者の欲求を満たしたヒット商品ができるまでにはいろいろな創意工夫がなされ、企画会議があり、生産者の思いが完璧にイメージされなければなりません。生産管理はすべてのルートに関わり管理し、販売され、マーケットにのるのです。

 

世界経済は厳しく容赦ない指摘があり、市場拡大は競争社会です。流通経路も世界を相手に立ち向かうのです。生産管理がしっかりかじ取りを行ってこそマーケットが相手にします。目的を大きくしすぎ失敗する場合も多く、小さな目標を立てては技術者の意欲、情熱をなくすことなってしまします。日本人は真面目で几帳面な国民性で、世界から信頼されています。

 

敗戦から立ち上がり今の繁栄を築き世界の見本として、経済大国になりました。団塊の世代とよばれ、高齢化社会に入り、経済も工夫が必要になり、日本株の高騰がニュースとして取り上げられています。バブルの経験を反省し、進歩した成熟した社会を形成することが義務と責任です。

 

通信関連の進歩で明るい未来と希望のある社会が期待できます。生産管理の目的は未来の目標です。日本国民の長所を生かし世界を相手にする教育がなされ、未来を担う人材を育成することです。困難に負けない本来の日本人、侍ジャパンをつくりださなければいけません。そのためには、自信をつける教育をすべきです。若者の個性を伸ばし、先人が遺した遺産を伝えなければなりません。

 

職場を快活にし、世界を観察する能力を身につけることです。「少年よ大志を抱け」と北海道大学で、クラーク博士は有名な言葉をのこしています。日本だけに目をむけるのではなく、視野の広い有望な大人を育てることです。

 

ノーベル賞をLEDでとれたことは、日本を象徴しています。謙虚な学者と会社の協力は、美しく感動します。青色ダイオードという名前を小学生が話しているのは本当に誇らしいことです。日本に生まれ、素晴らしい時代に生きることを感謝します。未来を見つめ目標を失わず、世界に通用する人材を育成します。