生産管理システム

納期管理

商品を納入する業者は、納期管理が重要な仕事の一つで、顧客との信頼を守る為に厳守する必要があります。
契約や予定に合わせ、仕事の計画を立てたり、柔軟に変更を行う必要があります。

 

納期管理とは、予定日に間に合わせる為の生産工程管理で、仕事の流れやペースを把握する事や、状況を常に確認し軌道修正を含めた対応を取る事でもあります。
商品やサービスを提供する側は、発注を受ける前に納期の予定を提示したり、実現可能な余裕を持った計画が大切です。
受けた仕事に対する納期の予定は、過去の納入結果から割り出せますし、類似の案件から近い日数を導き出す事が可能です。

 

しかし、実際は時間の確保やトラブル発生も視野に入れる必要があるので、必ず守り切る柔軟な対応力を持っている事が前提です。
また、人員の確保は絶対に欠かせませんし、見切り発車や無理な進行を行えば、必ず破たんする状況が発生するので、将来的に信頼を損なう結果に繋がります。
見込みの甘さは、長期的な案件に関わらず短期の管理でも結果に影響を与えます。
これは、発注する側が無理を押し通すのも、トラブルに繋がる原因になります。

 

生産能力や人員の不足を知っていても、無理に発注を押し付けてしまえば、発注を受ける側は受けざるを得ませんし、能力確保の為に併走する事態が発生します。
発注を断れる雰囲気は、納期管理を健全な物に出来るので、双方に損を発生させない条件です。

 

更に、複数の案件を抱える企業は、計画の重要性が通常よりも高まり、リスク管理の重要性も増します。
実際に受注を受け、予定通りに納品出来るかどうかは、状況の流れを判断する必要がありますし、リスクを抑える判断が行える冷静さが不可欠です。
納期管理は、受注を受けた瞬間から既に始まります。

 

本来は、綿密な計画を立てる為の準備期間が必要で、コストの割り出しを含めて計算出来る時間が大切です。
この時点で現場にある余裕を正確に把握出来れば、急な数量の変更に対応可能ですし、対応力があると評価され、今後のビジネスに良い影響が生まれます。
ただし、信頼を失うのは簡単で、難しい事をはっきりと伝えられない側にも責任があります。

 

ビジネスは信頼関係が基本で、それは無理を承知で受ける時だけではなく、状況を正確に伝えたり、断る場合も含めた対応からも発生します。
納期の最終的な決定は、社内の状況だけが作用する要素ではありませんし、信頼を損ねない判断で守る事が重要です。

 

■事例紹介
販売管理システムのLinkware