生産管理システム

SCMとは

SCMとはサプライチェーンマネージャーの略称です。ではどういう意味か簡潔に言えば商品ができ、それを使う私たち消費者のもとに届くまでまでの仕組みの無駄をできるだけ少なくしてしまう、というのがSCMです。具体的にいうと、原料の段階から製品やサービスが消費者の手に届くまでの多段階に構造化された全プロセスをサプライチェーンといいます。

 

サプライチェーンには供給業者、メーカー、流通業者、小売り業者、消費者など様々な個々が関係しています。今日そのサプライチェーンが複雑になってしまっています。そして先ほど述べたような様々な個々が各々で判断していて必ず無駄が生じてしまいます。そこでサプライチェーン全体から見ることでどこに無駄があるのか見つけ出し少しでもその無駄をなくし、全体で利益を生み出しのが SCMです。SCMの具体的な目標にはいくつかあります。

 

1つ目は、利益を得るためには売上げ必要になります。それを常時売上げを出すには、需要の高い品が在庫不足になっていてはいけません。そうならないために、各サプライチェーンが連携し、需要のある品をタイムリーに供給することで、できるだけ多くの売上げを獲得できるようになります。2つ目は、原材料の調達してからわたしたち消費者までの手にできる状態までの時間を短くするということです。

 

サプライチェーンの各業者の動きを制御、統制してその時間をできる限り短くすること目指すのです。3つ目は、業務の運用コストをできる限り少なくすることです。サプライチェーンの各業務を連携させ、在庫量を最適化し管理・保管維持費用や不要な輸送をできるだけ減らすことで、徹底的に無駄をなくそうとすることです。

 

以上のようにこと踏まえて、サプライチェーンの各業務の連携、情報共有、意思決定が非常に大切になってきます。しかし、現場業務の効率化はSCMの一部にすぎません。経営層がサプライチェーンモデルというビジネス基盤を作り、計画をもって、関係企業・部門をしっかり連携させるという仕組みなのです。しっかり各企業の連携をマネージメントするために、分析され計算された計画系業務が必要です。

 

さらに、企業間の利害関係を配慮した連携体制でないと在庫の最適化は難しくなってきます。連携するのも、計画するのも、結局わたしたちヒトがするので、高度な経営手腕が求められるということです。決して、システム任せっきりとうわけにはいけません。

 

海貨業務システム(海運貨物・物流システム)