生産管理システム

生産計画

生産計画とひとつにいってもさまざまな意味があります。基本的には生産管理を行う上でのすべての計画を指し、在庫計画、日程計画、生産能力計画などを含み、また生産数と生産時期などを持って、無駄を減らして製品の生産を行うというものです。
生産計画を立てることにより、需要を予測し過剰生産を抑止して無駄な在庫リスクを減らすし、コストカットを行うことができます。またコストカットすることにより、利益率を上げることができますし、取引先や顧客へのニーズに迅速に対応することができるといったメリットがあります。

 

生産計画といっても漠然としたイメージがありますが、日本工業規格(JIS)によって定義されており「生産量と生産時期に関する計画」となっています。基本的には「生産すべき製品の種類や数量、時期の決定」「製品に必要な原材料、部品の決定と指示」「製造に投入してからの出荷までの日数」となっています。つまり、製品の生産の数量の決定から出荷までをトータルで管理計画することが、その目的になります。ただし、製造する製品によって細かい計画は変わってき、いかに効率よくかつ無駄のないように生産をするかが求められます。

 

生産計画を導入する基本は情報の共有化があります。いくら計画を立てても製造のすべてに携わる管理者が情報を共有していなければ、計画通りに生産が行えないリスクがあります。情報共有化の基本はミーティングや書類のやりとりで行うのが基本ですが、近年はタブレットPCやスマートフォンなどの情報端末によって情報共有が可能となっており、ミーティングや書類でのやりとりを省略できるメリットがあります。また情報端末を利用することで、現場と本社といった離れた場所との間でもリアルタイムでの情報共有化が可能になるので、時間差によるギャップを埋めることができます。

 

また近年は単なる情報共有化だけでなく生産計画システムを組み込んだソフトウェアも導入される傾向にあります。これにより製造に必要な単なる情報共有だけでなく、現場でどのようなものをどれだけ生産すれば良いのかが分かりやすく表示され、またそれらを製造するのに必要な原材料の調達までトータルに行えるので、時間の短縮を図ることができます。また単に製造するだけでなくシステム化することで、生産のキャンセルもしやすくし経済状況に応じた生産を行うことができ、過剰在庫のリスクを避けることが可能になるメリットがあります。